ココがオススメ
荒川の歴史
みなさんが長瀞でラフティングをする川は荒川といいます。昔の荒川の下流は現在の隅田川です。その為、大雨が降ると、たびたび大規模な水害が発生し、流域に多大な被害を与えていました。又この頃は大雨が降ると、東京周辺の下流では水幅を狭めて、上流で洪水を発生させ、東京(江戸)の被害を少なくしていた様です、現在では考えられない事ですね。  それでも上、下流での大規模な水害は数年に一回は発生しました。その為明治43年、北区の岩淵から中川の河口に、荒川放水路の工事が計画されました。  この工事は、大正の不況の為工事が伸びまくり、大正13年にやっと通水しました。この工事にかかった費用は、現在の金額にして2300億円という、大規模な土木工事でした。  その後、残工事が終了し、全体が完成したのは昭和5年という、20年の歳月をかけた大工事でした。荒川放水路が完成した事により、荒川流域はずっと洪水から守られたという事です。荒川の歴史は水害と共に歩んできたんですね。 そんな暴れん坊だった。 ちなみに長瀞は埼玉県で、東秩父村に続き、二番目に人口の少ない町です。しかし、長瀞渓谷などを有するなど、数多くの観光名所があり、毎年多くの観光客が訪れます。
天然記念物の岩畳
長瀞町は全体が自然公園法で保護されています。
そのため高い建物や奇抜な建築物は建てることができません。
ですので、都会とは違った大自然やゆったりとした時間が 今でも流れています。
もちろん陸から岩畳を見ることもできるのですが、 おススメはやっぱりラフティング をしながら、静流に身を浮かべて眺める岩畳です。 是非自然が作りだした彫刻を見ていってください。
家族で参加
長瀞は他河川とは違い小学校1年生からの参加が可能です。
家族で出かけたいけど、子どもが年齢制限に引っかかるということはよくあります。 他河川は最小小学校3年生なのですが、長瀞は小学校1年生でも参加できるので、幅が広がります。 川自体も他河川に比べて比較的緩やかなので(お客様によって感じ方は異なる)安心して下ることができます。
都心が近い
長瀞は都心から高速で約1時間半(道路状況にもよりますが)と非常に交通の便がよく 都心から手軽にいける観光スポットとして多くの人が訪れます。
温泉が近い
大自然の中でラフティングなどをして遊んだ後、疲れたからだは温泉で癒しに行きましょう。長瀞には多くの温泉があるで、効能などを身ながら選ぶのもいいでしょう。
宝登山
長瀞は観光スポットとして有名で、ラフティングが終わった後も楽しめます。そのなかでもあまり知られていないのが、宝登山です。 宝登山はロープウェイで山頂まで行くことができるので、家族でも安心して登ることができます。 足に自信のある方は徒歩でどうぞ。山頂には小動物園など もありゆっくり楽しむことができます。また山頂からみる朝日や夕日は秩父連山を見渡すことができ、とてもきれいです。
秩父ミューズパーク
秩父ミューズパークは音楽堂や野外ステージ、展望台など多くの施設を持つ広大な公園で、四季折々の景観を楽しむことができ、観光名所として有名です。 そのなかでも、おすすめなのが、秩父ミューズパークから見る夜景です。実は秩父は日本でも有名な夜景スポットが多くあります。そのうちの一つがミューズパークで、意外と朝より、夜の方が人がいるかもしれません。 気になる人がいる方は連れていってみてはいかがですか。カップルの方におすすめのスポットです。
東秩父村和紙の里
約1300年の伝統を有する手漉き和紙の見学と紙漉体験ができます。「和紙製造所」「ふるさと文化伝習館」「細川紙紙漉家屋」などの施設に分かれています。東秩父村で受け継がれてきた手漉き和紙『細川紙』の技術は、国重要無形文化財に、製作用具と製品は国重要有形民俗文化財に指定されています。1300年の歴史を体験しましょう。また隣接する彫刻の森には大小の野外彫刻や、展望台などもあるので1日かけて楽しめるポイントです。